デュカス(16歳)

 

テト村の少年。村をゲリラに襲撃され、ただ一人生き残る。

子どもの頃、ハルトに剣術指南を受けていたが、ハルトのことは大嫌い。

難しい話は苦手。とっても苦手。

 

 

ハルト・シュタイナー(24歳)

 

元・欧州陸軍少佐。第三番中隊の隊長。

世界大戦終結と同時に退役。8年ぶりに戦場から帰郷し、デュカスとの再会を果たす。

デュカスの姉であるカヤとは恋人同士。

カヤ(24歳)

 

デュカスの姉であり、ハルトの恋人。

16歳の時からずっと、ハルトの帰郷を信じて待ち続けていた。

村が襲撃された際、還らぬ人となる。

ラウル(23歳)

 

フリーのジャーナリスト。

右腕は、先の世界大戦で負傷した際に切断。途中退役後、今の職に。

セゲド村出身者のため、言葉には訛りがある。

ロウ・ゲイラー(22歳)

 

欧州陸軍大尉。ハルトの部下であり、第三番中隊の副隊長。

常に無表情で、何を考えているのかがさっぱり分からない。

ポケットには常に飴玉常備。

リチャード・トールキン(24歳)

 

欧州陸軍中尉。ハルトの部下であり、第三番中隊のナンバー3。

終戦後、亜州への「極秘任務」を命じられる。

豪胆・快活で知られ、部下からの人望も厚い。

ジョージ・ハラルド(22歳)

 

欧州陸軍少尉。ハルトの元・部下。

上官の煙草にイタズラを仕掛けて減俸を食らった。

昔からハルトのことを「隊長」と呼び慕う。